ブルースを題材に取り上げて、ベースラインの作り方を解説します。

ベースラインは、バンドアンサンブルにおいては「第二のメロディー」と言ってもいいほど重要なものです。

これから何回かに分けて、ベースラインを作るための様々なパーツを紹介しながら、どうすれば魅力的なベースラインが作れるのか、ということについて考えていきたいと思います。

まず一番大事な音が「ルート」です。

下の譜例は、全てのコードのルートだけを弾いたものです。

タッタ ター ター ターと跳ねるようなリズムで弾いてください。

ルートとは

ルートとは、E7は「ミ」、A7は「ラ」、といったようにそれぞれのコードのアルファベットに相当する音のことです。「根音」や「1度」とも言います。

リズムに合わせてルートを弾いていれば、最低限ベースの役割は果たすことは出来ます。ですがこれだけではシンプルすぎて面白くない感じがします。

そこで、次はルートに加えてもう一種類別の音を足してみます。

下の譜例は5度の音を加えたものです。

5度とは

例えば、E7というコードはミ ソ# シ レの4音で成り立っているのですが、この内の3番目の「シ」の音を5度と呼びます。

3番目なのに5度というのも不思議な感じがするのですが、ミ(1度)から数えて①ミ②ファ③ソ④ラ⑤シという風に5番目に位置する音なので、5度と呼ばれるわけです。

5度の位置の覚え方

ギターやベースの場合、とりあえずは

・解放弦の場合は7フレット目

・ルート(1度)から一つ下の弦に下がって2フレット右に進んだ位置(下図参照)

といった覚え方で良いかと思います。

ちなみに上の譜例では、ルートのAの音を6弦上で弾いたり5弦解放で弾いたりしています。どちらのポジションにも慣れておいた方が良いと思いますので、あえて混在させています。

まとめ

5度の音を加えることで、ベースラインに多少の動きが出ました。

でもまだまだ固い感じがします。

次回は、1度と5度以外に使える音を紹介していきます。