経過音とは

コードの構成音のことをコードトーン(和声音)といいます。

例えば、E7コードは「ミ、ソ#、シ、レ」の音で出来ているので、これら4つの音がE7のコードトーンになります。

前回までは、ルート、5度、7度と、コードトーンのみを使ってベースラインを作ってきました。

上の譜面では、7度からルートの間をつなぐ音にノンコードトーン(非和声音)を使っています。

コードトーンとコードトーンを繋ぐ音を、「経過音(パッシングトーン)」といいます。

下の譜例は、上の譜例の発展形です。

使用する音自体に変化はありませんが、各行の3小節目のパターンが変化しています。

下の譜例は、E7の5度とB7のルート(どちらもシ)の音から、A7のルート(ラ)に対して経過音を使っています。