上の譜例は、各コードのルートに対して刺繍恩を使用しています。

1拍目ルート→2拍目刺繍音→3拍目ルート、というパターンです。

刺繍音は、半音下か全音下かどちらかです。どちらを使うかは、メロディーとして自然な方を耳で判断して選びます。

上の譜例では、半音下を使うのが自然だと判断したので、全て半音下になっています。

下の譜例は、刺繍音に加えて9度を使用した譜例です。

9度は、オクターブの2フレット右の音と覚えておきましょう。